フォトフェイシャル

黒髪の女医

「しみ」とは、体内から排出されずに肌に残ってしまったメラニン色素のことを指します。
これらの「しみ」を消したい場合、専門の皮膚科や美容クリニックなどでレーザーや光治療を行なうのが一般的です。
「しみ」にはソバカスや肝斑、日光性色素斑、色素沈着、後天性真皮メラノサイトーシスなど、様々な種類があります。
また、それぞれの「しみ」には、範囲や濃さなどにも違いがあり、適している治療器も異なります。
その為、医師によるしっかりとした診断を行い、それにあった治療方法を選択することが大切です。
また、レーザーなどと共に、ビタミンCなどの内服薬や、美白剤・炎症止めなどの外用薬などの併用によってその効果を高めることも可能です。

これらの「しみ」などのレーザー・光治療を行なってくれるのは、主に美容皮膚科や美容外科クリニックに在籍するレーザーの専門医です。
レーザー専門医とは、レーザー治療を専門に行なっており、特定非営利活動法人日本レーザー医学会のレーザー専門医資格審査制度などに認めらている医師などのことを指します。
これらの美容皮膚科や美容外科クリニックでは、一般的にまずカウンセリングをうけてから、施術を行います。
施術は、症例によって複数回行なう場合もありますし、ケースによっては、施術後のアフターケアなども必要です。
その為、クリニックを選ぶ場合は、カウンセリングやサポート体制なども含めてしっかりと自分にあった治療が受けられるかの見極めが大切だと言えます。