美肌の点滴

黒髪の女医

女性の悩みの上位を占める悩みにしみがあります。
しみにはいくつかの種類がありますが、多くは老人性色素斑、肝斑が一般的ですね。
老人性色素班は、紫外線の影響でできる多くの人が経験している一般的なものです。
肝斑はホルモンバランスが崩れることからできると言われています。
自分のしみがどちらのタイプなのかが解らないと正しい治療はできません。
やはり専門家に頼ることが一番良いと思われます。
しみの専門家といえば、やはり皮膚科へ行くことが一番ですね。
しみの治療は一般的には健康保険の対象とならないので、一般的な皮膚科より、美容皮膚科をお勧め致します。
美容皮膚科は一般の皮膚科医より、美容に特化した治療の専門家と言えます。

美容皮膚科で多く用いられるものは、何といってもレーザーです。
肝斑ではない薄いものの場合、レーザーで簡単に取れてしまうものもあります。
しかし、レーザーは正しく使わないと、必要以上のダメージを与えたり、周囲の肌をいためてしまう可能性があります。
それだけに、信頼できる経験豊富な医師を選択すると良いでしょう。
レーザーには、Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザー、アレキサンドラライトレーザー、ダイオードレーザーなど種類が豊富です。
また、肝斑の治療には肝斑以外のものに使われるレーザーは逆効果になる場合もあり、やはり肝斑の治療を得意とする皮膚科を選択する必要があります。
新しいものでは、肝斑の治療にはレブライトというレーザーが大きな効果を上げているようです。